妊活中にアーモンドを食べていたら生理不順が改善!その後、妊娠が発覚!!

私が妊活中、一番効果のあった食べ物といえば「アーモンド」。
きっかけはお気に入りのブロガーさんが「アーモンドを食べたら妊娠した」と知って試してみようと思いアーモンドを食べ始めました。

スポンサーリンク

アーモンドには嬉しい効果が沢山!

ビタミンEが豊富で肌の老化や防いだり肌荒れを改善

妊活中って、どうしてもストレスで肌荒れてしまう人っていますよね?
私は、その中の1人で妊活してからというものストレスで肌荒れマックス状態でした(TT)
きっと妊娠するまではこのままの状態だと思っていたので、肌荒れを治すのを諦めていましたが、実はアーモンドって若返りのビタミンと呼ばれている程、お肌の老化を防いでくれる効果があるそうです!
乾燥肌を改善したりシミやそばかすに効果的!

生殖機能の衰えを防いでくれる

ホルモンバランスを整え卵子の質を良くしたり、卵巣を若返らせたり受精確立を上げる効果が期待出来ます。
更に、男性の精子の数を増やしてくれる効果もあります!
不妊って全て女性が原因って訳ではなく男性に原因がある場合もあるので、妊活中の方は夫婦で一緒にアーモンドを食べたほうがいいですよ!
精子の数は少ないよりは絶対多い方が良いですし(・∀・)!

食物繊維が豊富で便秘を解消

さつまいもの約5倍の食物繊維が含まれているので、便秘解消にも効果的。
意外ですよね。ずっとさつまいもの方が便秘解消には良いかと思っていました。

貧血を予防してくれる

鉄分豊富で貧血を予防する効果があります。

つわりを改善してくれる

意外に意外ですよね!
つわりが起きてしまうのはまだ解明されていないのですが、亜鉛が不足するとつわりが重くなるそうです。
その「亜鉛」がアーモンドには豊富に含まれているので、悪阻の症状を軽くしてくれるのです。

アーモンドを食べ始めたら嬉しい効果が!

食べ始めて2ヶ月後ぐらいからです。

1ヶ月に2回だったり2ヶ月に1回だった生理が、アーモンドを食べ始めたことによって毎月キチンとくるようになりました。
こんなに早く効果がでるとは思っていなかったのでとてもビックリしました。
そしてなんと、それからすぐに妊娠が発覚しました。

もちろん、妊娠できたのはアーモンドだけの効果だけではないと思いますが、少なからずアーモンドの効果もあったのではないかと感じています。

アーモンドの食べる量

私は1日10粒を目安に食べるようにしていました。
アーモンドはカロリーが高いので1日20粒までにするようにしましょう。

最初の頃は、スーパーに売っている小さな袋のものを食べては買ってを繰り返していましたが、あとから面倒くさくなってからはAmazonで大きめのサイズを買っていました。
塩が付いているアーモンドも売っていますが、それよりは素焼きの何も加工されていないものが良いですよ。

私は妊娠中でも貧血防止の効果もあったので、そのまま食べていました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事