甘く見ていた後追い。ゆっくりトイレに入れないというのは本当だった

最初の頃は、私の後を一生懸命追いかけてくる姿を見るだけで「かわいいやつめ〜」なんて思っていましたが、だんだんとパワーアップしてきて私の姿が見えないだけで号泣!!

泣きながら追いかけてくるんです。
もうこの世の終わりのように。
涙と鼻水で顔はびしょびしょ状態(TT)

atooi

その姿を見ると胸が痛むのですが、さすがに料理をしているときは危ないのでゲートで来れないようにするのですが、力もついてきたせいかゲートに体当たり、よじ上ったりもするので倒れそうになることもあったり…。

旦那がいたら抱っこしたり息子の相手をして気をそらしてくれるので、家事がしやすいのですが、平日の二人っきりの時は本当になにもできなくなってしまいました。

後追いをする前までは、
「後追いが始まってゆっくりトイレなんて入れない」
「一緒にトイレに入っている」
「トイレのドアは全開」
といろんな方の育児ブログに書かれているのを見て「そんなまさか〜トイレぐらいできるよ」なんて思っていましたが、今ならその気持ちとっっっっってもわかります!!!

息子が一人遊びをしている隙にこっそりトイレに行っても私が側にいないのをすぐに感じ取るのかものすごいスピードで追いかけてくるので本当にゆっくり入れないんです。
トイレのドアを全開にするのはちょっと恥ずかしいので鍵をかけずに少しだけあけていると、ドアを押して入って来ようしたり(笑)

スポンサーリンク

後追いする理由

年中無休で続くこの後追い、そもそもどうして後追いするのか?
一体いつまで続くのか?
気になって調べてみると、赤ちゃんの後追いって知能が発達しお母さんやお父さんが大切な人だということを認識するようになり、その大切なお母さんやお父さんが目の前からいなくなったことで不安になり追いかけて後追いを始めるそうです。

また、後追いには個人差があるようですが、大体は1〜2歳で落ち着くみたいですね。

後追いするからといって、赤ちゃんが気づかないうちに外出するなど傍を離れるのは逆効果。傍を離れる際は、「ママちょっとお出かけするね」「これからお掃除するね」など声掛けをしてあげましょう。

参照:http://moomii.jp/baby/afterchase-mama.html

私、今までこっそり隠れてトイレに行ったりしていたのですが、これは逆効果だったようです….。
まだ理解はできないだろうと思って何も言わず離れていたけど、これからは息子の側を離れるときはちゃんと声かけしなくてはダメですね。

もうしばらくは続く後追い生活ですが、大きくなれば私の後を追いかける事なんてなくなるだろうし今しか見れない姿だと思って、あまりイライラせずに過ごしていこうと思います。

幸い、休日は私より旦那の後を追いかけてくれるので、旦那のいる日は楽できるのはラッキーかな(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事