バースプランを考えてみた

こんにちは。
突然ですが皆さんは「バースプラン」ってご存知ですか?
私が通っている産婦人科では妊娠30週目ぐらいにバースプランを書くようになっているのですが、恥ずかしながらその時期がくるまでは、バースプランについて全く知りませんでした。
赤ちゃんの為の誕生日なの!?なんて事を思っていました^^;
全く違いますね・・・(笑)

スポンサーリンク

バースプランとは?

どんな出産をしたいのか医師や看護師・助産師に伝えることを言います。

・和痛分娩で産みたい
・母子同室にしたい
・陣痛室では好きな音楽を聴きたい
・計画分娩で産みたい
等、分娩や入院中に望むことを具体的に話し合います。

実際バースプランの用紙を貰った時は、初めての妊娠・出産なのにどんな出産がしたいのか、なんて全く想像出来ないのに書く必要あるのかなんて思っていました。
でも、バースプランについて調べてみると出産する前に医師や看護師・助産師にどういうお産がしたいのか伝える事って大事なんですね。

バースプランを立てる事へのメリット

どんなお産をするかイメージをたてることで、陣痛の恐怖や不安が軽くなり結果的に安産につながると言われているそうです。
また、具体的に医師や看護師・助産師にどういうお産がしたいのか伝えることで意思疎通をはかり満足のいく出産が出来るとのこと。

私の母親も兄を出産した時に「へその緒」を残して欲しいと看護婦に伝えていたのに捨てられていたという事があって、ちゃんと意思疎通ができていないと、そういうトラブルがおきてしまうことがあります。

私がバースプランに書いた事

★カンガルーケアがしたい

私が通っている産婦人科ではカンガルーケアを勧めていたこともあり、私自身出産後はすぐに赤ちゃんを抱きたいと思っていたのでそのままお願いすることにしました。

カンガルケアーとは?

カンガルーケアとは、分娩後すぐに赤ちゃんを抱っこする事です。
産まれてすぐに抱っこすることで、母子共にとても良い効果があります。

カンガルケアーの効果

・分娩後はお母さんの体温が高いので赤ちゃんを保温できる
・母乳分泌促進効果が期待できる
・母性本能がでる
・赤ちゃんの呼吸がお母さんの心臓の音で安定する
・赤ちゃんの免疫力アップにつながる
・赤ちゃんの眠りが深くなり、起きている時は穏やかになる

★陣痛がキツくなったら和痛分娩に切り替えたい

和痛分娩については賛否両論あると思いますが、私は最初から和痛分娩を希望して今の産婦人科を選んだので、これだけは絶対お願いしようと思っていました!
それなのに旦那は和痛分娩の金額を見て(プラス5万円かかります)自然の流れで産んだほうが良い、なんて言ってきたので話し合いの結果、陣痛の痛みに耐えられなかったら和痛分娩に切り替えるという事になりました。

和痛分娩とは?

基本的に「痛みを和らげる」分娩方法で、全く痛みがなくなるという訳ではないみたいです。
私の通っている産婦人科では子宮口が3、4センチ開いてから麻酔を打つので、結局は陣痛の痛みは感じると言っていました。

★立会い出産は旦那だけで

立ち会い出産の件は旦那もノリノリだったので、すぐに決まりました。

★産まれたら旦那にも抱っこさせてほしい

お父さんという自覚を持って欲しいので、カンガルーケアの後、旦那にも赤ちゃんを抱っこしてほしいとお願いしました。

★すぐに母子同室にしてほしい・個室希望

出産後、すぐに赤ちゃんと一緒に過ごしたかったので個室の母子同室を希望しました。
また、私の体調が悪かったら預かってもらう事もお願いしました。

★授乳・沐浴・おしめのやり方を指導してほしい(旦那も一緒に)

何もかも初めてなので、授乳・沐浴・おしめのやり方も旦那のいる時に指導してほしいとお願いしました。

以上、私がバースプランに書いた内容です。
また、何か思いついたらその都度、看護婦さんに伝えていこうと思います。
バースプランを書いたことで、ますます出産へ近づいてきたような気がします^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事