子供の鼻水を取るなら電動吸引器 ベビースマイルS-302がオススメ!

うちの長男、保育園に通い始めて1週間が経った頃に風邪を引いてしまいました。

保育園に通い始めたら色んな病気をもらってくるとは聞いていましたが、まさかこんなに早くとは!?とびっくりしました。

その後、熱は下がったのですが鼻水が全く止まらなく耳鼻科に行くと、なんと中耳炎になりかけていました(ToT)

今まで1回しか熱が出たこともないぐらい元気が取り柄の長男が、中耳炎!?

先生には「こまめに鼻水を取るようにしてください」と言われ、すぐにお家にあった口で吸い取るタイプの吸引器で取っていましたが、私も風邪がうつり1週間苦しみました(ToT)

これは親子共倒れしてしまうと思ったので、電動で吸引してくれるものを買うことにしました。

それが「ベビースマイル」です。

私がこちらを選んだ理由が、口コミでも評価が高い、そしてお値段!

一般的な電動吸引器は、2、3万するのが、ベビースマイルは3,980円(2017年6月現在・楽天市場限定)という安さ!

安いのでどうなのかな〜なんて心配していましたが、実際使ってみると・・めっちゃ使える!!

そこで、今日はベビースマイルを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

ベビースマイルの使い方

本体の電源ボタンを押して先端の部分を鼻の穴に軽く押し当て吸引します。
ネバネバの鼻水の場合、5秒ほど吸引すると取れやすくなります。

詳しい説明書も付いています。

ベビースマイルの吸引力は?

口コミには吸引力は弱いという書き込みもありましたが、実際使ってみるとそんなこともなく普通に鼻水を取ってくれます。

長男の黄色いネバネバとして鼻水や次男の白くて水っぽい鼻水もズズズッ・・スポンッと取ってくれました。

今までずっと口で吸うタイプのものを使っていたので、電動がこんなにも楽だなんて感動しちゃいました。

ちなみに、次男はなんだこれは?とキョトンとしながら鼻水を取られていましたが、長男はベビースマイルを見るだけで逃げるぐらい嫌がります。

耳鼻科でもそうですけど、子供って吸引されるの嫌がりますよね。
いつかは慣れてくれるようになるのかな?

部品は細かく取り外しができる

細かく取り外しができるので洗う時は楽チンです。

また、予備としてゴムパッキンやシリコンノズルが2個セットで付いています。

ベビースマイル オプション品の「ボンジュールプラス」

ベビースマイルには、オプション品として「ボンジュールプラス」も販売されています。


左がオプション品で右が付属品です。

先が細いので、奥の鼻水まで取りやすいそうですが、「ボンジュールプラス」がなくても付属のシリコンノズルでも十分鼻水は取れます。

でも、3ヶ月の次男は鼻の穴が小さいので、「ボンジュールプラス」を使っています。

1歳過ぎの子であれば付属のシリコンノズルだけでも十分ですけど、赤ちゃんがいる又は生まれる予定というのであれば、セットで購入するのをオススメですよ。

まとめ

以上、ベビースマイルの感想でした。

子供は耳管が短く中耳炎になりやすく、症状が酷ければ切開することもあるそうです(::)
今回は、中耳炎になりかけで症状が軽かったので薬だけの処方で終わりましたが、もし症状が酷かったら・・と思うと怖いです。

悪化しないためにもこまめに鼻水を吸引する必要があります。
ベビースマイルのように電動吸引器ではなくても、1家に1つは鼻水を吸引できるものを持っていたほうがいいかもしれませんね。

長男も保育園に通い始めたことで色んな病気をもらってくるだろうし、これからも鼻水吸引器のお世話になると思うので買って良かったです。

もし、妹たちに子供ができて保育園に通い始めたらプレゼントしようかな(笑)

ベビースマイルとセットで購入すると今なら4,628円です。(2017年6月現在)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事