知育玩具の代表ブロック「コロコロできる大きなブロック」レビュー

知育玩具の代表的なものの1つといえば「ブロック」ですよね。

知育玩具(ちいくがんぐ)というのは簡単に言ってしまうと、子供の持つ好奇心や遊びに対する興味を刺激することで、知能の発達や心の成長を促す目的で作られたおもちゃの事です。

引用:https://life.pintoru.com/intellectual-toy/what-is-intellectual-toy/

スポンサーリンク

ブロック遊びは子供の右脳を鍛える効果がある

ブロックのいいところは、無限の組み立てができるので自分で考えて想像しながら組み立てることで「発想力」と「想像力」、「創造力」がつきます。
またブロックを掴むことで指先の練習にもなりますし、指先を動かすことによって右脳に刺激を与えてくれます。

ブロックで遊ぶだけで子供には色んな効果が出るなんてとってもいいですよね!

そして最近ついに我が家も買っちゃいました!
コロコロできる大きなブロック

bloc1

私がこちらのブロックを選んだ理由は、

  • 箱がついていて片付けしやすい
  • ブロックが大きいので口に入れても安心
  • 息子の大好きな車が作れる
  • 息子の大好きなボールがついている

bloc2

対象年齢が1.5歳からで息子にはちょっと早いので遊んでくれなかったらどうしようかなって心配でしたが、お家に帰って広げると興味津々で遊んでくれたので良かったです^^

まだブロック同士をくっつけて何かを作るということまではできないけど、ブロックを持って叩いたり出したブロックを箱に戻したり私や旦那が作ったものを楽しそうに持ってウロウロしたりしてくれます。

ちなみに私はブロック系で何かを作るというのが苦手で何を作ったらいいのか迷いに迷って作ったのがこちら。

bloc3

・・・・しょぼいですよね(笑)

でも、息子は喜んで遊んでくれます(T∀T)

bloc4

あとこんなのも作ってみました!
bloc5

ボール遊びが好きなので喜んでくれるかな〜って思っていたら、数回ボールを転がすだけで後は崩すのに夢中であまり遊んでくれませんでした(涙)

私のように何を作ったらいいのかわからないという方でも、「コロコロできる大きなブロック」には作品例が載っているのでこれを見本に作ることができますよ!
私は作品例を見ても作れませんでしたが・・・・(笑)

bloc_mihon

bloc_mihon2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事