チャイルドシートの正しい着用方法や年齢など基礎知識を紹介!

実は私、ついこの間まで赤ちゃんの首が座ればチャイルドシートを前向きにしてもいいものだと思っていました。(もう5ヶ月も使っているのに)

というのも、知人やチャイルドシートを乗せている車を見るたびに前向きに乗せている人が多かったので、そういうものだと勝手に解釈していました。
でも、調べてみると全く違っていました。
今日は、知っていそうで実はあまり知らなかったチャイルドシートの基礎知識について紹介していこうと思います。

sito

スポンサーリンク

チャイルドシートの着用年齢 いつからいつまで?

チャイルドシートは0歳〜6歳までの子供に着用させることが義務付けられています。

しかし6歳以上でも身長が140㎝以上なく大人用のシートベルトが合わなければ安全のためにもジュニアシートを使うのが良いそうです。
※大人用のシートベルトというのは身長が約140㎝以上の体格に有効です。

もし違反してしまえば行政処分の基礎点数「1点」が加算されます。

チャイルドシートの種類

チャイルドシートには、
乳幼児用ベビーシート
幼児用チャイルドシート
学童用ジュニアシート

の3つ種類があります。

乳幼児用ベビーシート

年齢:新生児〜1歳くらい
体重:10kg未満
身長:70㎝まで
後ろ向きに取り付けます。

幼児用チャイルドシート

年齢:1歳〜4歳くらい
体重:9kg~18kgまで
身長:100㎝まで
前向きに取り付けます。

学童用ジュニアシート

年齢:4歳〜10歳くらい
体重:15kg以上
身長:140㎝まで
座席に置いて車のシートベルト使用します。

チャイルドシートの正しい着用方法

チャイルドシートは最も安全な運転席の後ろに設置するのが基本です。

人によっては助手席に乗せている人もいますが、助手席だと事故を起きた場合エアバックが膨らみチャイルドシートを押し上げて車外に飛び出してしまうなど被害を最も受けやすい場所です。
助手席だと子供の様子を見やすいでしょうが安全面の事を考えると設置するのはとても危険です。

チャイルドシートについて調べて思ったこと

チャイルドシートについて調べると意外と知らない事が多い事も気付きました。
後ろ向きはてっきり新生児までだと思っていたら1歳くらいまでだし、チャイルドシートの着用義務が6歳までだったという事も。(今まで使っていたのに・・・・)

そろそろ前向きに変更しようとしていたので、変更する前に調べておいてよかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事