1人で1歳&0歳年子を同時に寝かせる方法 コツがわかってきました!

こんにちは。
以前、寝かしつけが難しすぎると書きましたが、あれから旦那が接待や残業などで私1人で寝かしつけをする日が増えたことで、なんとなく1人で寝かしつけるコツがわかってきました。

1歳と0歳の寝かしつけが難しすぎ。私が今までしてきた&している寝かしつけについて
今、2人育児で困っているのが寝かしつけ。 寝かしつけの時間が来るたびに「また戦いが始まる」とため息がつくほど苦戦しています(**) ...

今日は私が行なっている寝かしつけについて書いていきますね。

スポンサーリンク

私流 1歳&0歳年子の寝かしつけ

以前までは、私が次男、旦那が長男と別々の部屋で寝かしつけをしていました。

旦那がいないときは、寝室のベッドに座りながら(添い乳ができないので)次男に授乳しながら怪獣化した長男が遊び疲れて寝るまで延々と待つという方法で寝かしつけしていました。

でも、その方法だと物凄く時間がかかるのです。

2人合わせて最低でも1時間半ぐらい、長いと2時間以上も・・・(*o*)

それも、少しでも動いたら長男のセンサーがピコンっと反応してテンションMAXで近寄ってくるので寝かしつけがまた最初から。
やっと長男が寝たら次は次男の寝かしつけをする。

といった感じなので、寝かしつけが終わったあとは体力的・精神的に疲れます。

全く良い寝かしつけではないですよね・・・。

どうしたらストレスなく寝かしつけができるのか、
色んな方法を試しては失敗、試しては失敗・・・を繰り返して、ようやく私に合った寝かしつけを見つけました!

寝かしつけが楽な方を先に寝かしつける

寝かしつけが楽な方を先に寝かしつける
という方法です。

我が家では、長男に比べて次男の寝かしつけが楽なので、まずは次男から寝かしつけをします。

方法としては、

部屋を蛍光灯ぐらいの明るさにする

次男に母乳とミルクを飲ませる

バウンサーに寝かせる(セルフねんね)

長男をベッドに連れて行く

寝たふりをする

しばらく暴れて疲れて寝る&いつのまにか次男も寝ている

寝かしつけ完了!!

という感じです。

どうでしょうか、とても簡単ですよね。

コツとしては、

  • お互いの声で起きないように別々の部屋で寝かせる
  • 次男がすぐに寝てもらう為にも18時以降は寝かさない

お互いの声で起きないように別々の部屋で寝かせる

次男が先に寝ても長男と同じ部屋に寝かせてしまうと、ちょっかいをだしたり叫んで起こしてしまうことがあるので、長男に邪魔をされないように別の部屋に寝かせておくのが、スムーズに寝かしつけをするコツだと思います。

別の部屋といっても我が家は部屋同士がふすまで区切られているだけなので、寝かしつけをしている最中はふすま開けた状態で両方の部屋を蛍光灯ぐらいの明るさにして次男の様子を見ながら長男を寝かしつけしています。

ベッドに長男と私、隣はバウンサーに乗っている次男という感じです。

次男がすぐに寝てもらう為にも18時以降は寝かさない

同時に寝かしつけするためにも、次男は18時以降は寝かさないようにしています。

18時〜20時の間は本当に大事でこの時間に寝てしまうと、寝かしつけの時間がズレてしまうので18時すぎたらお風呂に入れたり、一緒に遊んだりと眠らないようしています。

それを1週間ぐらい続けていたら眠るリズムがついたのか、20時にミルクを飲んだらコロンと寝てくれるようになりました。

年子の寝かしつけは生活リズムを作るのが大事

子供を2人寝かしつけするようになって、

○時に夕飯を食べる、○時にお風呂に入る、○時に眠る準備をする、○時に眠る。

と、生活リズムを作ってあげることが大事なんだなと感じました。

最初の頃は、子供が2人それも1歳と0歳なら生活リズムなんてバラバラだし同時に寝てくれるなんて絶対無理だよって思っていました。

何回も失敗しては落ち込んで悩んで、夜がくるのが憂鬱で旦那に早く帰ってきてコールばかりしていましたが、子供たちの生活リズムがつきはじめてからは寝かしつけがとても楽に感じるようになりました。

毎日同じ時間に寝かしつけをするようになってから、なんとなくコツがわかるようになったことで心に余裕が出てきたのかな〜と思います。

イライラすることも悩んで落ち込むこともなくなり、今では先に私が寝てしまうほど(^^:)

以上、私流の年子寝かしつけ方法でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事