赤ちゃんのゲップっていつまでしたほうがいいの?

今までずっとミルク・母乳を飲んだ後は必ずゲップをさせてましたが、最近になってからあまりゲップをしてくれなくなりました。

そもそもゲップっていつまでしたほうがいいんだろう?

産まれた時は看護師さんや助産師さんに「授乳後はゲップさせてね」って教わったけど、やらなくてもいい時期なんて聞いたことがありません。
そこで、ちょっと調べてみることにしました。

スポンサーリンク

どうしてゲップをさせる必要があるの?

新生児の頃は、上手にゲップをすることができずにミルクや母乳と一緒に空気まで飲み込んでしまいます。
それが溜まり過ぎると気持ち悪くなって泣いたり、ミルクや母乳を吐き出してしまい口や鼻に入って詰まることがあるため、授乳後はゲップをさせる必要があります。

ゲップをさせなくても良い時期は?

3ヶ月頃ぐらいになるとうまく飲めるようになり次第にゲップをしなくなり、6〜8ヶ月になると寝返りや一人で座れるようになってくると自力でゲップをすることができるので、その頃になればゲップをさせる必要がないとのこと。

なるほど〜息子は今3ヶ月なのでゲップが出ないのはそういう理由だったんですね。
でも、たまにゲップをしなかったらミルクをタラ〜ンって垂らすことがあるので、まだしばらくはゲップさせたほうが良いようです。

他には、ゲップをさせなくても吐かなくなったりするのを判断するのがいいそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事