赤ちゃんは自分で動けるようになると怪獣になる説は本当だった

前に旦那の職場の人から「動けるようになると怪獣になる」と話を聞いていたのですが、その意味がやっとわかりました。
まさに息子は天使のような姿をした怪獣です。

スポンサーリンク

とにかく掴める物があればどこでもつかまり立ちをする息子

テーブル、ベッドはもちろんの事、私の背中までもつかまり立ちの練習台にさせられてしまいます。
ただ掴んで立っているだけならいいのですが、息子強くギュッと掴むので背中が痛いのなんの。
楽しくなってくると足を上下に揺らして最後には私にタックルすることも。

最近は、私の背中に飽きたのか壁を練習台につかまり立ちに励んでいます。

知恵がついてきた?

まだベッドには乗れないのだろうと思って息子の大好きなスマホをベッドの上に置いていたら、ベッドの下に置いてあったクッションを使ってよじ登っていたのにはびっくりしました。
「こんな風にしたら上れる!」とわかったのか、それからは私の太ももを台にしたりクッションを使ってはベッドやテーブルの上に上がろうとするようになりました。

成長しているのか体だけではなく頭も成長してきているんですね。

とにかく興味のあるもの全て口にいれようとする

赤ちゃんって本当何でも口にいれたがりますよね。
これは絶対口にはいれないだろうと思っていたものまですぐに口にいれるので困っています。
最近では、テーブルやテレビ台にコーナークッションをつけてぶつけても痛くないようにしているのに、何故かそれが気になるようで取って遊んだり口にいれようとします。
これでは意味がないですよね(笑)

手の届かない場所に物を置くのに困ってきた

つかまり立ちしたばかりの時はテーブルにだけ物を置かないようにしていれば安心でしたが、今は自分で好きな所に移動ができてでつかまり立ちができるので息子の行動範囲のもの全て手が届かないところに避難させていますが、部屋が狭いので息子の手が届かない場所に置くのにも大変。
そろそろ、置く場所に困ってきました。
部屋がもっと大きければなぁ。

朝は息子のパンチで起きる私

我が家では1番早起きの息子。朝からテンションマックスでいつも私の顔にぱちぱち叩いて起こすのが日課になってきました。
それでも私が起きなかったら上に乗ってきたり、髪の毛を引っ張ったりと結構ハードな起こし方をしてくれます。
痛い思いものせず気持よく起きれるのはいつになるのかな~。

そんな感じで成長と共に段々と怪獣に近づいてきました(笑)
歩けるようになったら今よりもスゴイんだろうなっと思うと、今のままでいといてほしいけれど歩いたら歩いたで嬉しいんだろうな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事