完全母乳を目指すのをやめました!混合育児にした理由とメリット

生後3か月の成長の記録と生活リズム」にもちょっこと書きましたが、今まで完全母乳を目指してミルクを少なめにしたりあげない日を作って母乳中心にしていましたが、それを一切止め授乳する時は必ず「母乳+ミルクのセット」であげる混合で育てることにしました。

出産した当時は、完全母乳で育てるのが息子に1番いいことだと思っていたので、食事面に気をつけたり、水分を沢山とったり、たんぽぽ茶を飲んだり、ストレスをためないようにしたり・・・母乳に良いと聞けばそれを実行したりと、色々な事を試していました。

周りの人に「母乳で育てている?」「母乳で育てたほうが良いよ」なんて言われるたびに混合で育てている事に罪悪感を感じ悩む日々。

・・・それが逆にストレスになってしまい思ったように母乳は出ず。

でも、自分がどんなに頑張っても出ないものは出ないもん!

もう、私諦めました!

そこで、思いっきり混合育児にしてみると、それからという気持ちがとても楽になり今では混合育児にしてよかったと思うようになりました。

milk

スポンサーリンク

混合育児にしてよかったこと

ストレスがなくなった

なんといっても1番はストレスが減ったこと!
完母を目指していた頃は、「なんで母乳が出ないの、どうしたら沢山出るようになるの?」と悩んでばかりで息子の気持ちより自分優先に考えていました。
あの頃のことを思い出すと育児に余裕がなくて息子には本当に悪いことをしてしまったと反省しています。

「母乳が足りないならミルクを足せば良い」と考えるようになってからは気持ちが楽になり、そのおかげで授乳タイムも楽しくなってきました。

睡眠不足が解消した

ミルクをあげるようになってからは、夜もまとまって寝てくれるようになったのと、旦那の休みの日の朝はミルクをお願いすることができるようになり睡眠不足を解消することができました。
また、早朝はミルクを飲んだらまた1時間ぐらい寝てくれるので二度寝もできるようになりましたよ(笑)

時間を気にせず預けられるようになった

夫婦でお出かけする時(食材を買いにいくぐらいですが笑)は、お互いの親にお願いすることができるようになりました。
前までは、授乳してダッシュで預けて次の授乳の時間までに帰るという事をしていたので出かけられる時間が決められていましたが、今は預ける時はミルクオンリーにして時間を気にせず出かけられるようになりました。
でも時間をあけすぎるとおっぱいがパンパンになるので痛くなる前には帰りますが^^;

息子のグズる時間が少なくなった

混合育児にしてよかったのは私だけではなく息子にも変化が
それは、1日のグズる時間が少なくなったこと!!
授乳しても1時間ぐらいするとグズったりして常に息子にベッタリ過ごしていましたが、ミルクをあげるようになってからはグズることは少なくなったし、何より一人遊びをする時間が増えました!
おもちゃに興味を持つようになって、目の前に置いたらニコニコして遊んでくれるし、お喋りする回数も増えました。
遊び疲れたら眠ってくれるし、こんなにも変化が出るんだというぐらい息子も変わりました。
というか前までは全然足りてなかったんだな(T_T)

混合育児にもデメリットがあるって言われているけど・・

混合だとミルク代がかかるとか哺乳瓶を洗うのが大変というデメリットがあるって言われているけど、大人だって食事で数万円使うしそれに比べたらミルク代なんて月に数千円ぐらい、安いもんですよ。

哺乳瓶洗うのは大変なのは、しょうがない(笑)特に冬場の水はとても冷たいですよね(T_T)
でも、ほんの数分哺乳瓶を洗うのを我慢すれば息子がご機嫌でいてくれるなら私は我慢します。
ずっと泣いて過ごすよりは、ニコニコして過ごしてほしいもん!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事