1歳半になった長男の言葉の発達が心配。言葉の教え方について調べてみた

つつつついに!
1歳半健診の案内がきました!!!

実は私いろんな方のブログで1歳半健診の話を読んで、うちの長男は大丈夫なのか心配だったのです。

色んな方のブログをみて得た情報によると1歳半健診では、

  • 言葉の有無
  • 積木が積めるのか
  • 指差しできるのか
  • 歯科健診

等があるそうです。

スポンサーリンク

1歳半健診で心配なのが言葉の発達について

私が一番心配なのが、「言葉の発達」です。

長男は1歳半にして喋れる言葉が「いないなばぁ」「はーい」ぐらいなんです。
それも気まぐれで喋る程度。
ママやパパという言葉も喋るけど意味がわかって喋っているのかわからず。

他の子と比べてはいけないのはわかるけど、同じ年ぐらいの子が色んな言葉を喋っていたら「長男は大丈夫なのか・・・」と心配になってしまいます。

散歩に行くと、知らないおばさんにまだおしゃべりしないの?って言われるとグサってくることも。

これでは健診で引っかかるぞ!と思ったので、健診まで残り1カ月ちょい。

間に合うかわかりませんが、練習することにしました。

前よりもっと長男に話しかけをするようになった

テレビを見てる時やおもちゃで遊んでいる時、ご飯を食べている時など、前よりもっと意識して話しかけるようにしました。
私が話しかけているのに無反応の時は凹みますが・・・、ママは頑張ります。

そして、ワンワンやブーブーなど赤ちゃん言葉での話しかけもするようにしました。
というのも、赤ちゃん言葉で話しかけると言葉を覚えやすいとのこと。

こちらを参考に。
語彙力が3倍に!? 子どもに“赤ちゃん言葉”で話しかけるメリット

赤ちゃん言葉で話しかけるのはよくないと思っていたので犬や車をみたら「犬だね〜車だね〜」と大人が喋る言葉で話しかけていましたが、今は長男が喋りやすいような言葉で伝えるようにしました。

無理に言わせようとするのはNG

「これは〇〇だよ、言ってみて〇〇って」という風に子供に言わせようとするのはNGなんだそうです。
無理に言わせようとすると、余計に言葉を発するのが嫌になることもあるそうです。

実は私この喋りかけやっていました(**)

ママと言ってほしくて毎日のように「ママだよ〜。マ・マって言ってみて」と言っていました・・・。
無理やり言わせるのはダメなんですね。

子供が興味を持っているものに対して声かけする方が言葉の発達にいい

子どもの黒子になって声かけをすることがなぜ言葉の学習に取って効果的かというと、子どもがその瞬間に抱いている興味関心や感覚と、耳から入る言葉がいつも一致するからです。

引用:http://kosomika.com/one-verbal-kuroko/http://kosomika.com/one-verbal-kuroko/

例えば、
犬をみて喜んでいるのなら、
「ワンワンだね〜」
「尻尾フリフリしているね〜」
と子供の言葉を代弁してあげます。

そうすることで、
「あの生き物はワンワンというのか」
「フリフリしているのか」
と言葉を学習するそうです。

子供の目線になって、声かけすることが言葉の発達にいいとのことです。

始めたばかりなのでまだ言葉は覚えていませんが、諦めず続けていこうと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事