妊娠中は虫歯になりやすいのは本当!歯科検診をオススメします

こんにちは。
突然ですが妊娠中の皆さんは、歯科検診していますか?

妊娠するとだ液の量が減って虫歯や歯周病になるリスクが高くなる事から、妊娠前や妊娠中は歯科検診をした方が良いと言われてます。

haburasi

スポンサーリンク

妊娠前に治療は終わっていたのに虫歯になっていた

たまたま私は、妊活中の時に歯の治療で歯医者に通っていて虫歯を治療してもらうことが出来たのですが、悪阻のせいで歯を上手く磨くことが出来なくなってしまい、念の為に安定期に入った妊娠7ヶ月頃に再度歯医者に行くと「虫歯になっている」と言われ再治療をすることになりました。

妊娠してからは磨き残しが多くなっていた

私が通っている歯医者では磨き残しをグラフにして見せてくれるのですが、妊娠前は10%だったのが妊娠してから調べると40%程の磨き残しがあり、歯周病にもなりそうとも言われてしまいました(T_T)

妊娠する前に歯の治療は終わっているから大丈夫だと安心しきっていただけにショックがとても大きかったですし、たった2、3ヶ月キチンと磨かなかっただけでもこれほど口の中の環境が変わってしまう事に驚きました。

それからは、歯の磨き方を教えてもらい自宅で前以上に丁寧に磨くようにしました。

デンタルフロスを勧められた

私の場合は、歯と歯の間がキレイに磨かれていなかったみたいでそこが虫歯になっていたので「デンタルフロス」をするように勧められました。
以前からデンタルフロスをやっていましたが、妊娠してからは面倒臭くなってしまい1日おきだったりパパパッと簡単にしていたので、これも毎日しっかりやらないといけないなと反省。

ちなみに歯と歯の間を磨くのは「デンタルフロス」と「歯間ブラシ」の2種類ありますが、歯と歯の間に隙間の狭い若い人はデンタルフロスで、歯と歯の間に隙間の広い年配の人は歯間ブラシの方が良いと言っていました。
サイズの合わないものを使ってしまうと歯肉を傷つけてしまいこともあるそうです。

初心者でも使いやすいということで、私は下記のデンタルフロスを使用しています。

妊娠中でも麻酔での虫歯の治療は出来る!

妊娠中って麻酔使っての治療はお腹の赤ちゃんに影響がでるんじゃないかと心配なる人多いですよね。
実際、私も心配で歯医者と産婦人科の先生に相談しました。
でも、皆んな答えは一緒で「大丈夫」でした。
麻酔を使用する量も少なく局部での使用なので赤ちゃんに影響はないとのこと。
逆に、治療をしないで虫歯や歯周病になってしまえば早産の原因になってしまうそうです。

レントゲンの胎児への影響はないけど撮影しない歯医者もある

レントゲンを撮影する時は、鉛でできたエプロンを着用して撮るので赤ちゃんに影響がでることはありませんが、私の通っている歯医者ではレントゲンは撮らない方針でした。
場所によってはレントゲンを撮る所と撮らない所があるみたいですよ。

今現在も治療中ですが、まだ歯科検診をしていない妊婦さんは、一度は絶対行ったほうがいいです!
私みたいに自分は大丈夫だと思っていても、虫歯になっていたりする場合がありますから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事