妊娠38週目 初めてのNSTと子宮口の状態チェックが始まりました

こんにちは。
今週で38週目に突入しました!

いつものように尿検査・体重測定・血圧測定をしたのち、赤ちゃんの状態をチェックするためのエコー検査。
健診で一番の楽しみといえば、お腹の赤ちゃんの顔を見ることですよね。
なのに、私の子は健診のたんびに手で顔を隠して見せてくれません。
そして、今回はなんと私の背中側に顔を向けて全く見えない状態に(^o^;)
産まれてくるまでみせてくれなさそうですね。

そして、健診で気になるのが、赤ちゃんの体重。
大きければ大きいほど産むのは大変だと聞いていたので、出来たら3,200グラムぐらいで産みたいのが今の気持ち。

でも、前回の体重が3,000グラムだったので、もう3,200グラムにはなっているだろうと思っていたら、2,800グラムに。
どうやら前回の体重は間違っていたようです(^o^;)

いつもならココで次の予約をして健診が終了するのですが、今回から「子宮口チェック」と「NST]をすることに。

スポンサーリンク

初めての子宮口チェック

子宮口チェックって股を開いて先生が覗きこんでチェックすると思ったら、思いっきり手?指?を入れられグリグリ。
気持ち悪いのと痛いのでなんとも言えない気持ちに・・・(´;ω;`)
次回もこのチェックするって考えたら嫌だなぁって思いましたが、出産はその数倍痛いのだから我慢しないといけないですね。

ちなみに結果は「全然開いていないね」とのこと。
お腹の子はまだ産まれてきそうにないみたいです。

そして、最後に「NST」をすることに。

NSTってなに?

NSTとは、ノンストレステストの略で、赤ちゃんの心拍を確認する検査の事を言います。

私の通っている産婦人科では、健診した部屋とはまた違う部屋に移動され、背もたれが倒せるリクライニングチェアに座りお腹に装置をつけ、赤ちゃんの心拍を確認しました。

いつも胎動は感じるけど心臓の音を聞くことはなかったので、初めて「ドックンドックン」と赤ちゃんの心拍を聞いた時はなんとも不思議な感じでした。
また、お腹の中でグニョグニョ動いている時は、心拍のスピードが早くなって大人しくなると元のスピードに戻って、を繰り返していて聞いてて面白かったです。

NSTの測定時間

今回、赤ちゃんがちゃんと起きてくれていたので20分程で終わる事ができましたが、もし赤ちゃんが寝ていたら場合はもっと時間がかかるそうです。

検査の結果は、「お腹の赤ちゃんは元気で異常はなし」でした^^

今回の健診で子宮口が全然開いていなかったので、スクワットにウォーキング、ストレッチ頑張りますよー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事