赤ちゃんの使用済みオムツの処理!我が家の臭い対策を紹介!

離乳食を食べるようになると気になるのがウンチの臭いではないでしょうか?
特に1歳を過ぎて大人と同じものが食べれるようになると臭いもパワーアップしますよね(*o*)

特に夏場は・・・・・。
我が家は部屋がとっっっても狭いので朝必ず部屋中の窓を開けて空気の入れ替えをしないとウンチの臭いで大変なことになります。

オムツ専用のゴミ箱を使えば臭いなんて気にならなくなるのかもしれませんが、オムツ専用のゴミ箱って思っていた以上に高いですよね。
それに専用のゴミ袋がなくなれば買わないといけないし。1日に何回もする息子には消費が早くてお金が大変。ってことで買うのは諦めました。

そこで我が家が考えた対策がこちら!

スポンサーリンク

臭いオムツをどうにかしたい!我が家の対策はこんな感じ!

息子の臭いオムツを処理する時に必要なのがこちら!
omutusyori

  • 新聞紙
  • オムツ
  • 消臭ビーズ

袋と消臭ビーズは百円ショップで購入することができます。
写真に載っている消臭ビーズは石鹸の匂いですが、私のオススメは無香料
今回は、いつも使っている消臭ビーズが売り切れていたので百円ショップで買ってみました。
でも、臭い付きのものはちょっと匂いがきついですね、私には苦手でした(^^;)

ちなみに無香料でオススメなのが「ドでか無香空間」です。
高いだけあって効果は抜群ですよ!

その1 ゴミ袋に消臭ビーズを入れる

初めにゴミ袋に消臭ビーズを入れておきます。

ゴミ箱に直接貼るタイプの消臭タイプもありますが色々使った結果、直接ゴミ袋の中に入れる方が効果はありました。
ケチケチな性格な私は少しだけしか入れないのですが、先ほど紹介した「ドでか無香空間」は少しの量でも臭いを消してくれますよ。

その2 ウンチはトイレにさよなら

ここで1つポイントが!
ウンチは必ずトイレに捨てます。
この作業が1番面倒臭いんですが、捨てなかったらいくら強力な消臭剤を使っても臭います(**)
柔らかウンチだとトイレに捨てるのは難しいけど固形なら捨てるようにしましょう。

その3 オムツを新聞紙に包む

新聞紙は防臭効果があるので少しでも臭いを消すためにも包みます。

すぐに使えるようにある程度、オムツを包む大きさまでに切って紙袋に入れて置いています。

sinbunsi

その4 袋に入れてゴミ箱に捨てる

新聞紙に包んだオムツを袋に入れてゴミ箱に捨てます。
ここでまたまたポイントが!
袋に入れて縛る時は必ず空気を抜くこと。
空気が入っているとそこから臭いが漏れるので必ず密封した状態で捨てます。

以上が我が家のオムツの臭い対策になります。
この対策をする前と後では、全く匂いが変わりましたよ。
ウンチをトイレに捨てるという手間はかかりますが、オムツ専用のゴミ箱や袋を買うより安くですむので節約にはなります(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事