出産入院時の為にマタニティパジャマを購入!

妊娠38週目にしてやっとマタニティパジャマを購入しました。
本当は、その前からネットで注文していたのですが、1週間以上たっても届かない・・・・。

何かおかしい!

メールを確認して見ると、注文していたマタニティパジャマがキャンセルに。
注文した時は、在庫有りで「注文承りました」と書かれていたのに、どういう事!?ってムカってきましたが、出産まであと少ししか無いので、急遽デパートの中にあるマタニティショップで買う事に。

ギリギリまで買わなかった私が悪かったのですが、あの対応の仕方は酷すぎますよね(*_*)
でも、デパートのマタニティショップの方が安かったので良しとしましょう。

ちなみに私が購入したのはこちらです。
s-pazyama1

産後の事も考えて授乳口の付いているパジャマにしました。
マタニティパジャマを買う際、ネットで調べてみるとボタンタイプのものだと授乳する時赤ちゃんの顔に当たって傷ついたり、いちいちボタンを開け閉めするのが面倒くさいと書かれていたので、ボタンなしで開けれるタイプにしました。
s-pazyama2

スポンサーリンク

マタニティパジャマの本当に必要なのか?

実は、マタニティパジャマ購入する前、本当に必要なのか考えました。
病院の入院準備リストには、パジャマとしか書かれていなかったしプレママクラスでは、普段家で着ている部屋着でも良いと言われていたので。

そこで、同じ病院で出産した友達に聞いてみると、その子は普段着ている部屋着を3枚程持っていたそうですが、マタニティパジャマが有るならあった方が授乳しやすいと教えてくれました。
病院だと人の出入りが激しいので、授乳している姿を他の人に見せないようにするためにも良いそうです。
家だと洋服をめくってあげることできるけど、他の場所だと恥ずかしいですもんね。

マタニティパジャマの枚数

多分、マタニティパジャマは入院時と実家に帰っている時ぐらいしか着ないと思っていたので、写真の1枚だけ購入しました。
入院時は旦那が仕事を休んでくれる為、洗濯をお願いできるので、あとはユニクロでパジャマを1枚と普段家で着ている部屋着の合計3枚持っていく予定です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事