「マタニティパジャマはあった方がいいのか!?」その答えは?

出産前に「出産入院時の為にマタニティパジャマを購入!」でマタニティパジャマはあったほうがいいのか?という事を書いていたんですが、実際出産して着てその結果・・・私はあっても良い!と思いました。

出産して1ヶ月たちましたが、今でも大活躍しています!(部屋着より着ているかも!)

スポンサーリンク

マタニティパジャマがあった方が良い理由

健診の時楽ちん

出産によっては会陰切開する場合があり産後は縫った後の傷口が痛くて歩くのすら大変。
それなのに入院中は悪露のチェックとか健診とかでズボンを脱いだり穿いたりしたりするのでマタニティパジャマのように長いワンピースのほうがとっても楽ちんでした。

ゆったり着れる

私の場合、マタニティパジャマは1着しか買っていなくて他はいつもお家で着ている部屋着を持っていたのですが、ズボンのゴムがキツくてお腹がズボンの上に乗ってしまい授乳するときに洋服をめくるのが恥ずかしかったです。
ですが、マタニティパジャマの殆どはズボンもゴムがゆるくなっているので出産後のちょっとぽっこりしたお腹でもキツくなく穿くことができました。

授乳しやすい

私が買ったマタニティパジャマは前開きボタン+授乳口がついていたので、息子が泣いた時にパッと開いてサッと口に含ませることができるのでとても楽!
今の季節夜は寒いので洋服をめくることなく授乳できるのは良いです。

その理由から入院中は殆どマタニティパジャマを着ていました。

私の感想

ネットの口コミには、出産後は着ないから買うのはもったいないって書き込みも有りましたが、実際着てみると退院しても着れるし授乳しやすいので私はもったいないと感じることはありませんでした。

元々前開きボタンではない部屋着しかもっていなくて、毎回洋服をめくりあげておっぱいをあげてましたが、それだと洋服が落ちてきたりして邪魔になるし、だからといってゴムで結ぶと洋服が伸びるし寒いしで嫌でした。
それに安いので2,3千円ぐらいのマタニティパジャマもあるので、授乳期間中だけ使うって考えても十分元手は取れるのではないでしょうか。

もし持ってない人は1着ぐらいは購入するのをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事