お義母さんが長男を散歩に連れて行っている時間がひと時の楽しみ

里帰りから帰ってきた翌日からお義母さんが長男を散歩に連れて行くようになり、次男が1ヶ月過ぎた今でも変わらず週に3、4日ほどは散歩に連れて行ってくれます。

最初の頃は「長男を散歩に連れて行ってくれて助かります、ありがとうございます。」と感謝の気持ちでしたが、1ヶ月すぎると「ずっとお願いしてて悪いな。」という申し訳ない気持ちに。

それなのに、「散歩に連れて行くよ〜」と言われるとその言葉に甘えてしまいます。

スポンサーリンク

申し訳ないなと思いつつも散歩の時間が楽しみ

「いつもすみません、ありがとうございます。あまり無理しないでくださいね」と言いつつも散歩に連れて行ってくれる日が楽しみです。

その間は、次男と2人っきりなのでテレビを見ながらマッタリタイム。
次男のお昼寝タイムと時間が合えばその日はミラクルラッキーday(笑)
ゆっくりお風呂に入ったりご飯を作ったり、お菓子を食べたり、携帯触りながらベッドでゴロゴロと1人の時間を楽しんでいます。

そして、ミラクルラッキーdayの上をいくのがスーパーミラクルラッキーday!!
スーパーミラクルラッキーdayとは、散歩+夕飯まで食べさせてくれる日です。

なので、お家に帰ってきたらお風呂に入れて寝かしつけるだけという私にとってご褒美とも言える日なんです。

長男も散歩に行く日を楽しみにしている

実は散歩の時間を楽しみにしているのは私だけではないんです。
長男も散歩に行くのが楽しみみたいで、散歩に行く時間が近づくと私の手を掴んで「玄関まで連れていけー」と催促してきます。

そして、お義母さんが来たらすぐに抱きついて私の事をガン無視して外に行くんです。
私がバイバイしても無視。

最初の頃はちょっとショックでした今はもう慣れました( ̄ー ̄)

急いで外に行こうとするんで相当散歩に行きたいんでしょうね(笑)
散歩に行った日はちゃっかりお菓子もご馳走になって帰ってくるので、きっとこのお菓子タイムも楽しみなのかも。

お義母さんも長男との散歩を楽しんでくれている!?

お義母さんも長男との散歩を楽しんでくれている・・・と信じています。
旦那曰く「散歩に連れて行くのがきつかったらハッキリ言うよ」と言っていたので、その言葉を信じて今日も甘えて散歩をお願いしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事