お義母さんと散歩に行くようになって長男が成長した

次男が生まれてから週に3、4日ほどはお義母さんが長男を連れて散歩に行くようになってから、長男がぐーーんっと成長したような気がします。

例えば、

  • 小さなブロックを積めるようになった
  • 「○○取ってきて」とお願いすると取ってきてくれるようになった
  • 靴下を見せると足を出してくれるようになった
  • 手をだすとハイタッチしてくれるようになった
  • お絵かきできるようになった
  • 手を口に当てて食べる真似をするようになった
  • テレビで歌が流れるとリズムを取るようになった

等など。

スポンサーリンク

長男がぐーーんっと成長したのはお義母さんのおかげ!その理由を書いてみた

子供の接し方が上手

いつも会うたびに思うのが子供の接し方がとても上手と言うこと。
お義母さんは仕事柄子供と接することが多く、たまに私が子供たちを連れて遊びにいくことがあって、その時に子供と接しているのを見ていると私はまだまだだな〜って感じることがあります。

子育て歴や人生経験も私より倍なので、まだまだなのはわかりますが、私がお義母さんぐらいの年代になったとしても同じようにできるかと言われるとできないような気がします。
それぐらい子供への接し方が上手なんです。

お家にあるもので遊ぶのが上手

私が長男と遊ぶ時はブロックや人形、ボールなど遊び道具を使って一緒に遊ぶのが多く、身近にあるもので何かを作り出して遊ぶのが苦手なんです。
なので、おもちゃがない時はどんな風に遊べば良いのか困る時があります。

でも、お義母さんの場合はお家にあるもので一緒に遊ぶのがとても上手なんです。

例えば、

  • ダンボールでお絵かきさせたり、電車ごっこしたり
  • チラシを丸めて箱に入れる遊びをしたり
  • 空いたペットボトルで音のなるマラカスを作ったり
  • 鉛筆をペットボトルの中に入れる遊びをしたり
  • カーテンでかくれんぼしたり

と私が想像もしないような遊びを次々と作り上げて遊ぶので長男がとても楽しそう!
こんな風にいろんなもので遊ぶので知らず知らずのうちに色んなことができるようになってきたのかも。

いつもお家に行くと遊び方の勉強になります。

必ず話しかけて褒める

長男と接している時は必ず話しかけをしたり何かできた時は必ず褒めるんです。
「○○できたね〜」「○○上手だね!」と。

私の場合、長男が何か夢中で遊んでいると喋りかけても無反応になるのであまり話しかけることもなく夢中になっているから気づかないだろうと思って隣で携帯触ることも。(これはやっちゃダメですね)

それに対してお義母さんの場合は無反応でも必ず話しかけをするし褒めることも忘れません。

話しかけと褒めること、大事ですね。

お義母さんに長男の散歩をお願いしてよかった

今までは変な意地が邪魔をしてお義母さんにお願いするのは嫌だなという気持ちがありましたが、長男の成長ぶりを見ていると、私1人で子育てしていたらこんなにも成長はしなかっただろうなと思い感謝でいっぱいです。

変な意地は捨てて甘えられる環境があるのなら甘えた方がいいんだなと今更ながら思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事