赤ちゃんの洗濯洗剤って一体どれがいいの?人気の洗濯洗剤を調べてみました

こんにちは。

前回のブログ「ベビー服の水通しって何?やり方は?いつやればいいの??」でベビー用品を購入したという話をしましたが、実はその時迷って買えなかったのが「赤ちゃん洗濯洗剤」です。

赤ちゃんの衣類等は普段使っている洗剤と分けたほうが良いと聞いていたので、赤ちゃん洗濯洗剤は絶対購入しようと思っていましたが、実際お店に行ってみると沢山の赤ちゃん用洗剤があったのでどれが良いのかわからなくなってしまいました。

普通の洗濯洗剤と違って値段も高めだし、大人より頻繁に洗濯するから減るペースも早いだろうし、本当に赤ちゃんの肌に良い物を買いたい!と思っていたので、洗濯洗剤だけは保留にすることにしました。

自宅に帰ってまた得意の検索ちゃんで調べたので、私みたいに悩んでいる人は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

何故、赤ちゃんと大人は洗濯洗剤を分けたほうが良いのか?

私の周りの出産経験者の人達は、みんな赤ちゃんの時は洗濯洗剤を分けていると言っていたので分けるのが当たり前だと思っていました。
ですが、ネットで調べてみると大人用の洗濯洗剤で洗っている人が多いことにビックリしました。

そもそも、どうして赤ちゃんと大人の洗濯洗剤は分けたほうが良いと言われているのか?気になって調べました。

赤ちゃんの肌はデリケート

赤ちゃんの肌は大人の肌に比べてとてもデリケートで、特に生まれてきたばかりの赤ちゃんは機能がまだ未熟な為、ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしやすいそうです。

そして、普通の洗濯洗剤には「合成界面活性剤」や「蛍光増白剤」が含まれているのが多く、それが赤ちゃんの肌には刺激になり肌トラブルを起こしてしまうのです。
その為、「合成界面活性剤」や「蛍光増白剤」が含まれていない赤ちゃん用の洗濯洗剤を使用した方がいいとのことです。

※合成界面活性剤とは→「水」と「油」のように本来混ざらないものを混ぜあわせやすくして汚れを落とす働きのある物質のこと。
※蛍光増白剤とは→衣類などを白く見せることのできる染料のこと。

オススメの赤ちゃん用洗濯洗剤を紹介

赤ちゃんと大人の衣類は分けて洗ったほうがいいことがわかったことで、次はどんな洗濯洗剤がいいのか!?という事ですよね。
私の気になる洗濯洗剤や使用者の口コミなどを調べました。

arau. (アラウ) 洗濯用せっけん

<商品説明>
液体タイプの洗剤で無添加で合成界面活性剤、蛍光増白剤、着色料、保存料、などの添加物は一切入っていないので敏感肌な赤ちゃんも安心。
100%植物性の無添加石鹸で天然ハーブの香りで室内干しでも臭いが気にならない。

<感想>
arau. (アラウ)は、赤ちゃんコーナーに行けばよく見かける商品の一つですよね。
特徴としては、赤ちゃん用の洗濯洗剤にしては安くリピーターが多く使用者の満足度も高いと感じます。
口コミでは、アトピーの赤ちゃんも肌トラブルなく使用しているという書き込みもありました。

ピジョン ベビーランドリー ピュア

<商品説明>
無添加で天然植物由来の柔軟成分使用、うんち汚れやミルク汚れに強く、洗剤残りの心配もないのでデリケートな赤ちゃんのお肌も安心。
無着色、無香料、無漂白剤、無リン、無蛍光。
水通し・つけおき洗いもOK。

<感想>
洗濯洗剤について調べるまでわからなかったのですが、こちらの会社はベビー用品を扱う大手会社だそうです。
大手という事もあり口コミ評価も高く「ピジョンだから安心」という書き込みもあったぐらい定評のある商品でした。
うんちやミルク汚れに効くという書き込みを多くみかけました。
つけおき洗いも出来るので頑固な汚れも落ちそうですね。

無添加 ベビーの肌着洗いせっけん ミヨシ石鹸

<商品説明>
80年以上の歴史と技術のある「ミヨシ石鹸」。
水とせっけん成分だけで作られている無添加の洗濯洗剤なので赤ちゃんにも安心。
フタを開けボトルを押すと液がでる仕組み。

<感想>
作り方がとてもシンプル、水とせっけん成分のみで防腐剤や着色料、香料などの添加剤が一切入っていない無添加で赤ちゃんにも安心ですし、歴史も長く信用して使える洗濯洗剤なのかなと思いました。

終わりに

以上が私の気になる洗濯洗剤です。
上記の3つとも口コミ評価の高い商品で、比較的お手軽な値段で購入でき大体の赤ちゃん専門店や薬局やスーパーなどに置いている点で選んでみました。

ちなみに私は「arau. (アラウ)」と「ピジョン」が気になっているのでこの2つのどちらかを購入する予定です。
こちらも最終的には旦那と相談して決めたいと思います(財布は旦那が握っているので笑)
あと、私の住んでいる地域は、直接お店で買うよりはネットのほうが安かったので、購入する際は値段を比べてから購入するのもオススメですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事