妊娠初期症状と妊娠した月の話

妊娠の初期症状って

  • 胸が張る
  • 眠気
  • 下痢
  • 熱っぽい
  • 出血
  • おりものの変化
  • 食事の変化

等ありますが、私が気づいたのは「食事の変化」と「胸の張り」でした。

ninpu2

胸の張りに関しては、生理前になるとよく張っていたので「生理が近いんだなぁ」ぐらいにしか思っていなかったのですが、同時期に常にお腹が空くようになり気づいたらいつも何か食べ物を食べていました。
仕事から帰ってきたら軽くご飯を食べて、旦那が帰ってきたら一緒に夕飯を食べての生活をしばらくしていたら、

「んっ!!!?
これは怪しいぞ( 一一)
そろそろ生理がきてもいい頃なのにこない。
もしや妊娠では(・∀・)!?」

と思うようになり、生理予定日の1週間後に検査薬を使うことに。

するとうっすら線が!

生まれて初めて陽性の線をみました(T_T)
妊活している時からずっとこの線を見たくて見たくて・・・、説明しにくいのですが、今まで感じたことのない幸せな気持ちになりました。
私が感動している側で旦那は信じようとせず、産婦人科に行く前日に再度検査をしてなんとか納得してくれました。

これが私の妊娠初期症状の話です。

スポンサーリンク

妊娠した月の話

妊娠した月は、仕事を辞めると決意した時期で妊活もしばらくお休みしようと思っていました。
「ずっと妊娠するために妊活も仕事も頑張っているのに、赤ちゃんが来てくれない。だったら私だってもういいわよ!遊びまくってやる!」
なんて逆ギレのような発想になり上司に来月で辞めます!と伝えました。

考え過ぎないほうがいい

「赤ちゃんは授かりもの。」という言葉よく聞きますよね。
タイミングを見て赤ちゃんが来るなら考え過ぎないほうがいい、と。
実際、私も周りの人に言われました。

でも、妊活している時ってそんな風に言われても毎日赤ちゃんの事を考えていたし、授かりものなのに妊娠を望んでもいない人の所にはどうして簡単にくるのか、なんて思っていました。

考え過ぎないほうがいい、なんて言うけど考えないようにすればするほど考えてしまうもの。
だから私は考えても良いと思います。
考えて悩んでそれで疲れたら休む。

その休むが私の場合、妊活を休む事と仕事を辞める事だったのです。
仕事を辞めたら思いっきり遊ぶと決めてからは気持ちが楽になりそして妊娠が分かりました。

考えたり悩んだりしてしまうのはしょうがないことです。
疲れたら休む。それが大事なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事