【報告】妊娠39週目で羊水過少で入院しバルーン&陣痛促進剤で出産しました

お久しぶりです。
タイトルの通りですが、急遽入院し予定日より早く第2子を出産しました。

今回も予定日より遅れて生まれてくるんだろうな〜と思っていたら、39週目の妊婦健診の時に先生から「羊水が少ない」と診断され早めに赤ちゃんを産んだ方がいいと言われ急遽入院することになりました。

そろそろ生まれると思っていたのである程度入院する準備はしていましたが、予想外に早くてびっくりしています。
息子のことと旦那の仕事のこともあったので、とりあえず診断が出た2日後に入院することに。

二度目の妊娠ですが「羊水過少」初めて聞いました・・。
先生曰く「この時期は羊水が減っていくし、逆に増えることもあるからそこまで心配する必要はない」とは言っていましたが、正直産むまでとても不安でした。

スポンサーリンク

入院初日はバルーンで子宮口を開く

私の場合は、妊婦検診の時に子宮口が全く開いてなかったので、入院初日はバルーンを使って子宮口を開くことから始めました。
バルーンとは風船のようなものを子宮口に入れて広げる方法です。

聞いただけで痛そうですよね(TT)
はい、とっても痛かったです(涙)

入れている作業がとても痛くて入れてしまえば痛さはそこまで感じませんが、トイレにいく時や横になるときは違和感を感じて早く取りたくてしょうがなかったです。
子宮口が3、4センチ開くと自然にバルーンは取れるそうですが、私の場合は全く取れず最後は看護師さんに取ってもらいました。
でも、引っ張ったらスポッて取れたので子宮口は3、4センチ開いたみたいです。
でも、その日は全く陣痛が来なくてそのまま寝ることに。

入院2日目は陣痛促進剤で陣痛を起こす

子宮口が開いても全く陣痛が来なかったので、朝から陣痛促進剤を打つことになりました。

息子の時も促進剤を使って5時間ほどで生まれたので、2人目もきっとすぐに生まれるだろうと思っていたら、午前中は全く陣痛が来ず普通にお昼ご飯をバクバク食べていました(^^:)

いつ来るのかソワソワしているとお昼後からちょっとずつ痛くなりやっと陣痛がスタート。

それからすぐに生まれるだろうと期待していましたが、痛くなるだけで子宮口はなかなか開いてくれず促進剤を打って7時間後にやっと子宮口が9センチに!

それから分娩室に入ったのにもかかわらず全く全開になることがなく1時間痛みと戦い、最後は筋肉注射を打ちやっとの事で全開になり出産しました。

出産を振り返ってみて

今回は、羊水過少と診断されて急遽入院しすぐに出産することになったことや、促進剤を打ったのになかなか陣痛が来ない、さらに痛み強くなるだけで子宮口も広がらないと色々大変な出産でした。

「2人の出産は楽だよ〜」なんて言う人もいますけど、
2人目だろうと3人目だろうと全員が楽に出産できる訳じゃない!

それも、2人目は1人目の時に比べて小さめだったのにもかかわらず出産はとても大変だったので、小さくても大きくても出産の大変さは変わらないだなと実感しました。
でも、無事に健康で生まれてきてくれて本当に良かったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事