1歳2ヶ月 食べムラが酷くなってきたので普段の食事にちょっとした工夫をするようにしました

今までは何でもパクパク食べていた息子。
逆に足りなくて泣いて怒るぐらい食欲旺盛だったのに。

今では、食べムラが酷くて困るほど
特に白米は全く食べてくれず、掴んでは投げたり見えないフリしたり(**)
一口も食べずに終わることもありました。
これでは栄養が偏ってしまうと思ったので、無理やり口の中に突っ込んだこともあったけどそれでもすぐにベーってご飯を吐き出すし本当に困りました。

スポンサーリンク

自我が出てくると食べムラがでてくるのは当たり前

自我が出てくると好き嫌いをするようになり自分の好きなものしか食べなくなることがあります。
この時期の子は食べムラが出るのは当たり前のことで、それは一時的なもので運動量が増えるとお腹がすくようになり自然と食べるようになるのであまり気にする必要はないそうです。

でも子供の為に作ったご飯を食べずに捨てるのは悲しい

食べムラがでてくるのしょうがないことだとしても、子供の栄養の事を考えて一生懸命作ったのに食べずに捨てるのは悲しいんです。
「はぁ〜今日も全く食べずに捨てるのか」と思いながらゴミ箱にさよなら。
奮発して良いお肉を買って息子用に調理した時に一口も食べずに捨てた時は何とも言えない気持ちになりました。
息子がポイポイと捨てている姿をお肉大好きな旦那が見たらきっと怒るはず(*0*)

普段の食事にちょっとした工夫をしてみた

そこで私が考えたのが、普段の食事にちょっとした工夫をすることです。
例えば、ご飯ですが今までは手づかみしやすい様に小さくおにぎりを作ってあげていましたが、それだと息子のおもちゃになっておしまいなので、大きいおにぎりにして私が食べさせる作戦にしました。

norionigiri

手づかみさせた方が手の訓練になって良いと思いましたが、いつまでたっても食べてくれないのでご飯だけは私が食べさせる事に。
その分、おかずは手づかみしやすい様にしています。

すると、何も味のない白米もペロリと食べてくれるようになりました。
(のりは焼き海苔で味はついていません。)
これなら手がベタベタになったり散らかったりすることもないので片付けが楽チン。
息子が大人と同じご飯を食べるようになってからは、ちょっとお高めのお米を買うようになって毎回捨てるのが勿体なかったので、実は私的にはそこが1番嬉しいかも(笑)

あと、お肉類だと牛肉。
牛肉って栄養があって本当は食べさせた方がいい食材ですが、食べムラ星人の息子は100%残すのでしばらく食べさせるのは諦めて豚肉やひき肉オンリーにしています。
その分、違う食材で栄養を補うようにしています。

食べムラが酷くなってからはこんな風に毎日の食事を工夫してあげるようにしています。
今のところ順調に食べてくれるようになってきていますが、食べムラ星人の息子がいつイヤイヤするのかちょっとハラハラしています(^^;)
その時はまた新しい食べ方を考えなくては!
可愛い息子のためにママは頑張りますよー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事