テレビ台から落ちておでこにたんこぶができてしまった

先日、我が家に大事件が起きました。

私がほんの一瞬目を離した隙に息子がテレビ台から落ちてしまったんです。
「どすん」という大きな音で息子のほうに目をやると大泣きしている姿が。
いつもの泣く声と違っていたのですぐに息子を抱き上げるとびっくりするほどおでこが膨れ上がっていてちょっと血もでていました。

数回ベッドから落ちたことはあったけれど、あそこまで大泣くすることもたんこぶができる事もなかったので、びっくりしてしまいパニックになってしまいました。
一瞬どうしたらいいのかわからず旦那にSOSの電話をすると「病院に電話!」と言われてたので、すぐにかかりつけの小児科に電話をしました。
そこで息子の症状を伝えて向かう事に。

かかりつけの小児科は車でしかいけない距離だったので近くに住んでいるお義母さんに連絡して一緒に向かいましたが、この時ばかりは本当に車が必要だなって感じました(TT)

スポンサーリンク

診断の結果は

naku

小児科につくと数分で名前が呼ばれ検査をすることに。
おでこや頭、口の中、お腹など隅々まで触って怪我がないかチェックをした結果、たんこぶができただけでした。

打った場所がおでこといっても頭の近くだったので、もし何かあったらどうしようと心配でしたが、先生の「骨折もないし大丈夫ですね。しばらく冷やしてあげてください」と言われた時は本当に心からほっとすることができました。
それと同時にこんな痛い思いをさせてしまい後悔するばかりです。母親としてダメダメですね、本当に反省です。
痛い思いをさせてごめんよ(TT)

たんこぶの様子は

打ったその日は大きく腫れ上がっていましたが、翌日になると内出血で青くなっているぐらいで、たんこぶの方は目立たないぐらい小さくなっていました。
あんなにも大きく腫れていたのに1日で殆ど治るなんて子供の治癒能力ってすごいですね。

テレビ台から落ちないように対策をしました

診察の時に先生から「テレビ台に上らないように何か対策をしないといけないね。」と言われ、その日の夜旦那と話し合いをして上れないようにテレビ台の前にベビーサークルを置く事になりました。

それからは、近づくことはあってものぼることはなくなり、とりあえずテレビ台の件は一安心ですが、これからは上りそうなものには近づけないように策を考えないとだめですね。

赤ちゃんがたんこぶできて病院に行く場合は

今回は初めてだったので、どうしたらいいのかわからず私の場合はすぐに病院に行きましたが、
・吐き気やけいれん、嘔吐がある
・意識がない、ぐったりしている
・大量に出血している
・泣き止まない

等、普段の様子と違っていたらすぐに病院へ。

たんこぶの対処法

ちなみにたんこぶができたとしても、そこまで大きくなかったりご飯をよく食べ機嫌もいいのなら病院に連れて行く必要もないそうです。
自宅で様子を見る場合は、たんこぶができた場所を濡れたタオルや冷えピタ(ピタっと貼れて剥がれにくいので)で冷やすようにしましょう。

今回の件で、子供の怪我について考えるようになり危ないと思うものにベビーサークルや100圴で売っているフェンスを使って近づけないようにしたり、ぶつかっても痛くないように保護シールを貼ったりと色々対策をしました。

うろちょろ動き回る子供を目を離さないようにするのって難しいし、子供っていつ何をするのか本当に検討がつかないので、ある程度対策をしておくことって大事ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事