妊娠35週目 恥骨痛のその後

こんにちは。
前回、「妊娠34週目 恥骨が痛くて歩くのが辛い原因と対策法が知りたい!」で恥骨が痛いという話をしたんですが、それから数日・・・恥骨痛は大分良くなってきました。

出産するまでずっとこの痛さと付き合っていくのかと思っていたのですが、なんとか良くなってきたので本当良かったです。
ネットには、緩和する方法としてこまめに運動をするとかストレッチのやり方とか色々載っていたんですけど、ぶっちゃけ恥骨痛で痛いのに、動く事なんてできませんよね。

スポンサーリンク

私が恥骨痛を緩和する為にしたこと


★とにかく動かない
★安静にしていること
★骨盤をベルトで固定する
★湯船に入る

ただそれだけです。
歩くだけで痛かったので、最低限の家事(洗濯・皿洗い・食事作り)だけして、残りの時間はずっとベッドで横になっていました。(掃除機だけは旦那にお願いしました)
でも、それが出来るのってまだ子供がいない人だからできることであって、妊娠が2人目、3人目の方だと動かない、安静でいることってそう簡単にはできませんよね。

そんな方は出来るだけトコちゃんベルトや骨盤を固定するベルトをするのが良いと思います。
私は、まだトコちゃんベルトを持っていなかったので、戌の日で使用した妊婦帯を巻いていました。

トコちゃんベルトに比べて締め付け感があまりないので効果は薄いかもしれませんが、何もしないよりはまだマシだと思ったので家事をするときは必ず付けていました。

ninputai

あと、歩くときはゆっくり慎重に動いて、座るときは普段床に座っていますが、このときばかりはベッドに座っていました。
床に座るのは食事をするときだけで、食べ終わったらすぐにベッドに座っていました。
旦那との会話は常にベッドだったので、旦那から見たらきっとダラダラしているだけだと思われていたかもしれません(笑)

また、寝るときは寝返りすると痛かったのでずっと同じ向きで寝ていました。
まだ寝返りするとズキズキするので、それは今も変わらずです。

大分良くなってきたら・・・

痛さが我慢できる程度になってきたので、20分〜30分のウォーキングを始めました。
このまま何もしないでお家にいたら体重が増えていくし体力もなくなっていくので、とってもゆっくりですが歩くようにしています。
すぐにお家に戻れるようにお家の周りをぐるぐるですが・・(笑)

そのおかげなのか、今は大分歩けるようになってきました。
歩くスピードも早くなりましたよ!

出産するまで恥骨痛はなくならない気がしますが、無理しない程度これからも歩こうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事