妊娠10週目から悪阻が始まりました。その時の症状について

悪阻が始まったのは10週目の頃からです。
私の悪阻はとにかくコロコロ症状が変わっていきました。

yubi

最初の頃は、ただただ気持ちが悪かったです。
吐くことはなかったのですが、一日中バス酔いみたいな感じでした。

退職する月に悪阻が始まったので1ヶ月間だけ仕事をしていましたが、とてもキツかったです。
仕事を続けている妊婦さんはすごいなぁと関心してしまいます。

仕事を辞めた後は、お家でゆっくり休めると思っていたら、次はにおい悪阻がやってきました。
お米の炊けるにおい、食べ物、スーパー、石鹸等、においがでているもの全てが気持ち悪くて1日のほとんどをベッドで過ごしていました。
その頃の主食は、パンやこんにゃくゼリー、フルーツでした。
あと、冷めてるご飯も食べれたので旦那に惣菜や弁当を買ってもらったりもしていました。

悪阻の時期は一切キッチンに立つことが出来なかったので、3ヶ月間はずっとご飯を買っていました。
その時の食事代は相当高かったですよ^^;
(ほとんど旦那の財布からでていきましたが。)

におい悪阻が少し落ち着いた頃に、今度は吐き悪阻が始まりました。
においがキツかったり、食事後や歯磨き後など吐いていました。

とにかく悪阻の時期はいつ落ち着くのか、全くわからなくて精神的にとてもつらかったのを覚えています。
普通に道端を歩いている人を見るだけで元気そうだからとムカついたり、旦那に八つ当たりをしたり(;´∀`)
あの時は本当に暗黒マタニティ生活でした。

スポンサーリンク

長かった悪阻がやっと終わった

延々と続く地獄の悪阻が落ち着いたのは5ヶ月目に半ばぐらいです。
あんなに嫌だった冷蔵庫のにおいが大丈夫になりちょっとずつですが、料理もできるようになってきました。
ただ、ご飯の炊けるにおいだけはダメだったので、炊くときは窓や玄関を全開にして扇風機に換気扇をフル回転させて炊いていました。

でも、なんでご飯の炊けるにおいってダメなのでしょうか?
私の友人もご飯の炊けるにおいがダメという人が多くて妊婦あるあるなのかな?

そして、6ヶ月頃に入るとやっと悪阻と開放されました\(^o^)/
ご飯も美味しく感じるようになり、今は体重が一気に増加しないかが心配です(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事