ずりばいの前兆?うつぶせの状態からお尻をあげてキック!

最近の息子はうつぶせになった状態からお尻をあげてキックするようになってきました。
泣きながらキックするから寝返り返りができなくて泣いているのかなって思っていたら、この行動って「ずりばい」の前兆なんですよね。

寝返り返りもあまりしないのにもうずりばいしちゃうの!?
はやいぞ息子!

harabai

スポンサーリンク

ずりばいって?

ずりばいとは、うつぶせになっておなかを床につけ腕や足の裏を使って前や後ろに進む事で、歩伏前進みたいなものです。

ずりばいって赤ちゃんならやるものだと思っていたら、中にはそのままハイハイを始める子もいるそうですよ。
ずりばいができるようになれば次はハイハイです。
あと数ヶ月で自分で動けるようになるのか〜早いなぁ。

ずりばいの効果

ずりばいをすることで全身の筋肉が鍛えられ、足の指を活発に動かす事で外反母趾やO脚になることを防止したり、脳を刺激して発達を促してくれる効果があるそうですよ。

歩伏前進したことある人ならわかると思いますが、楽そうに見えて実は結構ハードですよね。
それをする赤ちゃんって凄い・・・(笑)

ずりばいの練習をさせるスパルタおばあちゃん

先日、息子を連れて実家に帰ってきたときの話ですが、いつものようにお尻をあげてキックしている息子を見て、ずりばいの練習をさせていました。

おもちゃで誘導

普段は手の届くところに置いているので移動することもないのですが、それをわざと手の届かないところに置いたり、息子の目の前でおもちゃを揺らして「おもちゃはここだよ〜」と誘う作戦です。
息子は喜んでおもちゃを見ていましたが手足をばたばたさせるだけで全く動きませんでしたが(笑)

呼びかける

息子の目の前に行って「おいでおいで〜」と誘う作戦です。おもちゃで誘う作戦と同じ感じですが、これは全く効果がありませんでした(笑)
息子はまだ呼びかけられるよりはおもちゃの方が好きなようです。

母親が一生懸命練習させていましたが、この様子だとずりばいするのはまだ先かな〜。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事