ずりばいができるようになって気付いた事と気をつける事

最近の息子はずりばいができるようになってきて楽しいのか常に部屋の中をぐるぐる動きまくっています。
といっても亀さんぐらいのスピードですが(笑)
1回前に進んだら休憩、そして前に進むという事を繰り返して動いています。
でも気付いたら「もうこんな所にいるの!?」なんて事もよくあります。
(私が見ていない間に高速ずりばいしているのかな!?)

zuribai

そして、ちょっとでもずりばいがうまくなるように、おもちゃを息子の回りにちょんちょんと置いて自分で動いておもちゃを取るようにしています。
こんな遠くに置いたら取れないだろうな〜って思っていても、一生懸命ずりばいしておもちゃを取る姿を見てると「成長したなぁ」と感動しちゃいます。

スポンサーリンク

ずりばいするようになって気付いた事

赤ちゃんが動けるようになって気付いたのが家の中に危ないものが沢山という事。
息子も興味があるものを見つけるとそこめがけて突進していきます。
特に息子のお気に入りなのが「コード」と「コロコロ」、「スマホ」。

そこまでずりばいできないし大丈夫だろうと思って、そのままにしていたらいつの間にかコードやコロコロの側まで来て掴もうとしていたり。
それも赤ちゃんって全力で握るからものを掴んだらなかなか取りにくい。
取ったら取ったで大泣きするし(笑)

ずりばいをするようになって気をつけるようにした事

こまめに掃除をするようになった

息子が動く範囲はできるだけキレイにしたいので、こまめに掃除をするようになりました。
まだ寝返りもできていないときは、ホコリやゴミがあっても掃除をする日ではない日だったら見てないふりをしていたけど、息子はそんなのおかまいなしに動き回るからよく手にゴミがついていたりするので、常にコロコロは装備しています。

危ないものは赤ちゃんの手の届かない所に置く

特にお気に入りの「コード」と「コロコロ」と「スマホ」は、見るとすぐに突進してくるので息子の目の届かないところに置いています。
ここ最近の息子の様子を見ていて思ったのが、大人の私には全く興味を持たないものでも赤ちゃんって興味津々で掴んだり舐めたり遊んだりするから、「これは大丈夫かな」なんて判断せず口にいれたら危ないものは全て手の届かない所に置かないと危ないという事。

気をつけることは増えたけど息子の成長がもっと楽しみになってきた

自分で動けるようになってからは気をつけないといけないことが増えましたが、こまめに家の掃除をするようになり家の中がキレイになったのは良い事ですし、なにより息子が日々成長していくのがとてもうれしく成長していくのがもっと楽しみになってきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事