出産して育児は育児本やネットに書かれた通りにいかないとわかった

妊娠中は育児本やネットで育児について勉強していましたが、実際に育児が始まると本やネットに書かれていた事と全く違うじゃないかーという事ばかり。

そんな経験したママさんも多いのではないでしょうか?

sumaho

スポンサーリンク

新生児は殆どの時間を寝るなんて書いているけど、全然寝ませんけど

新生児の頃はおしっこやうんちをする・おっぱいを飲む・寝るの繰り返すと聞いていたのに、息子は全く寝ない。
あの頃は、おっぱいあげたら寝るとばかり思っていたので息子はどこかおかしいのかと悩んで毎日のように知恵袋などの相談サイトばかり見ていました。
なんとか寝かそうと延々と抱っこ。
やっと眠ったなと思ってベッドに置いたらすぐに起きて泣いて→おっぱい・ミルクの繰り返し。
眠ったとしても長くて1時間ぐらいでその寝る時間の為に1、2時間かけて寝かしつけをする日々でした。
本やサイトを見すぎて新生児の頃は「眠る=正しい、眠らない=正しくない」という考えになってしまい必死に眠らそうとしていました。
今考えれば赤ちゃんによって沢山眠る子もいれば眠らない子もいるし皆がみんな眠るというわけではないですよね。

生後2ヶ月になった今でも日中は午前中・午後と30分ずつしか寝ないので私も一緒にお昼寝という訳にはいきませんが、新生児の頃に比べたらだいぶ楽になってきました。

泣いたらおっぱいをあげる頻回授乳について

新生児の頃は飲むのが下手くそだし飲める量も少ないから「泣いたら飲ませる頻回授乳が良い」ってよく聞きますよね。
沢山飲ますことで母乳の出もよくなると助産師さんに聞いていたので退院後は赤ちゃんが泣くたびにおっぱいをあげていました・・・、母乳の出がよくなるどころか母乳が出てこなくなってきたんです(T_T)
本やネットを見ても「母乳を出すには赤ちゃんに飲ませる」としか書いていないし「1日に沢山あげているのになんで母乳が出てこないの?」と不思議でたまりませんでした。

でも今なってあの頃を思い出してみてわかったのが、私の場合おっぱいを飲ませている間隔が短すぎるということ。
おっぱいをあげても15分、20分したら泣くことが多くそのたびに授乳していたので全く休む暇がありませんでした。
それじゃあ、新しい母乳が作られないですよね。
作られている最中に授乳を繰り返していたのでちょっとずつしか出ずに「授乳→泣く→授乳→泣く・・・」という悪循環に陥っていたのです。

1ヶ月過ぎても授乳間隔が減らないことから自分でコントロールしようと思い最低でも1時間はおっぱいを休ませるようにしたことからそのことが分かりました。
(泣いていたらひたすらユラユラ抱っこをしていました。)
本やネットの情報を鵜呑みにしてしまい、泣いたらおっぱいが正解だと信じてしまったことで起きた事です。
いくら頻回授乳でもおっぱいを休ませる時間は必要ですよね。

今はスマホやパソコンで簡単に育児の情報が見れるので逆にそれで育児に悩んでしまうこともありますが、十人十色という言葉があるように赤ちゃん一人ひとり考え方や性格が違うのだから本やネットに載っている情報が全て正解という訳ではないですよね。
今回の事で、情報について考えるようになりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事